浮気のシッポを掴む

探偵に浮気の調査を依頼する前に、浮気の確証となる証拠を自分で探すことも大切です。
しかし、見付からないように探すのは大変難しく、最初に記述した内容は状況証拠であり、確実に浮気をしているということを認めるような証拠ではありません。

そう、自分が集めることが出来る証拠とは状況証拠ばかりになる傾向にあります。

状況証拠と聞くと刑事事件などで、犯人を特定するために警察が集める事件の証拠を思い出すと思いますが、これと意味は一緒です。
法律上では状況証拠のことを間接証拠、直接事実を立証することが出来る証拠のことを直接証拠といいます。

例として、浮気の場合の間接証拠には夫の携帯電話に保存されている浮気相手と夫のツーショット写真があります。これはツーショット写真がキスをしていたり、明らかに肉体的な関係である描写のものだと直接証拠に繋がりますが、並んでいるだけでは間接証拠として扱われます。

直接証拠として認められる証拠写真とは、探偵事務所などが調査で撮影することが出来た夫と浮気相手が一緒にラブホテルへ入る瞬間を写した写真がその1つとして挙げることが出来ます。

このように、写真1つをとっても浮気のシッポを掴むために必要となる条件が違ってくるのです。






1人で悩まず浮気調査で解決しよう