浮気は初期段階で見破れば傷が浅くすみます。

良くないこととは思いながら、一度手を染めてしまうと止められないのが浮気です。もし、あなたにパートナーがいれば、パートナーはどのように思うでしょうか?逆に、パートナーが浮気をしていたとするなら、あなたはどのように思うでしょうか?どっぷりハマってしまってからでは遅いもの。逆に言うと、初期段階で防ぐことができたなら、まだやり直しは菊可能性が高いです。そこで今回は、パートナーが浮気をしているとき、初期段階で見破る方法を教えましょう。
まずパートナーが浮気を始めたとき、何かしら兆候が出てきます。もっとも多いのは行き先を告げない外出が多くなることです。浮気とはそもそもが後ろめたいもの。それをさらに嘘の行き先を告げて外出するのはさらにうしろめたくなるのです。そのため浮気をし始めた人間は、明確な行き先を告げずに外出するようになるのです。もしパートナーがどこに行っているのか分からないことが多くなればまず疑いましょう。できたらコッソリ後をつけてもよいかもしれませんね。パートナーが警戒するかもしれませんが、それも抑止力になります。どうどうと後をつけましょう。仮にそこまでしなくても、明確に行き先を聞いてみても良いでしょう。おそらくパートナーは言葉につまります。これはあなたがそんなに強く行き先を尋ねるとは思っていなかったからです。毎回それを続けていると罪悪感から不慮な外出はできなくなりますよ。浮気はこれくらい初期段階で見つけておけばそれ以上発展することはあまりありません。うちのパートナーに限ってという言葉は浮気には禁物。幸せな夫婦生活を送るのであれば、多少は疑うことも必要なときがあります。しっかりとアンテナを張り巡らせて置いてください。






1人で悩まず浮気調査で解決しよう